教えて!離乳食講座 赤ちゃんが5~6ヵ月になるといよいよ離乳食。 でも、ママたちにとっても初めてなので 疑問や悩みがつきないのは当然のこと! 今回は栄養士の荒井さんが離乳食の基本の作り方を 動画で教えてくれたから、ぜひ、参考にしてみて!

基本の離乳食の作り方(わかりやすい動画で解説!)

画像をクリックすると、動画再生ページに移動します。

10倍がゆ(5~6ヵ月)の作り方(炊飯器で大人のご飯と一緒に炊く方法)


  1. ① 大人用と赤ちゃん用のお米を用意する

  2. ② 炊飯器に入れ、スイッチオン

  3. ③ こし器でこし、ポタージュ状にする

※ 画像の米は 無洗米を使用しています。無洗米でない時は 洗米してから使いましょう。

7倍がゆ(7~8ヵ月)の作り方(お鍋で作る方法)


  1. ① ごはんと水をお鍋に入れ加熱する

  2. ② お米が長細くなるまで加熱する

  3. ③ すりばちでつぶす

  4. ③ 完成

10倍がゆと蒸し野菜の作り方(炊飯器で大人のご飯と一緒に炊く方法)


  1. ① 大人用と赤ちゃん用のお米と野菜を用意する

  2. ② 炊飯器に入れ、スイッチオン

  3. ③ こし器でこし、ポタージュ状にする

各月齢別 蒸し野菜の形状


  • ★7~8ヶ月の形状

  • ★9~11ヶ月の形状

  • ★12~18ヶ月の形状

茹でほうれん草の作り方(凍らせてすりおろす方法)


  1. ① ほうれん草を洗う

  2. ② ラップで包みレンジへ

  3. ③ 水にさらしアクをとる

  4. ④ ラップで包んで冷凍庫へ

  5. ⑤ 凍ったまますりおろす

  6. ⑥ ポタージュ状にする

昆布だしの作り方(お鍋で作る方法)


  1. ① 昆布と水をお鍋へ入れ火にかける

  2. ② 沸騰前に昆布を取り出す

  3. ③ 残った昆布だしを製氷皿に入れて冷凍庫へ

  4. ④ だしキューブの保存方法

昆布だしの作り方(レンジで少量作る方法)


  1. ① 昆布と水をレンジへ入れ加熱する

かつおだしの作り方(急須で作る方法)


  1. ① 急須にお湯とかつお節を入れ蒸らす

離乳食の始め方Q&A(本にはこう書いてあるけど…編)

本には離乳食を始めるのは首がしっかり座ってからと書いてあるが…
うちの子は今5ヵ月で大人が食事をしている時によだれをたらしながらじっと見ているので、そろそろ始めようかと思うのですが、まだ首がしっかり座っていません。こういう場合はまだ始めない方がいいですか?
よだれは個人差があるので、まずは首がしっかり座ってからというのが始める目安になります。(自分で座っていられなくてもママが支えて座れればOK)また、スプーンを嫌がらないことも大事です。スプーンを下唇に当てるだけで嫌がるようでしたら、首が座っていても始めるのはもう少し遅らせた方がいいかもしれません。
本には離乳食後、すぐに母乳またはミルクを与えると書いてあるが…
離乳食を与えない時と同じ量与えていいのですか?それとも、少し減らした方がいい?
離乳食を食べた後は自然と母乳やミルクの量が減るはずです。食べていない時と同じ量飲むようでしたら、離乳食の量をもう少し増やしてもいいかもしれませんね。
本には1日1回の離乳食は午前に与えるのがいいと書いてあるが…
午前中は出かけることが多いので、夕方の方がリズムを作りやすいです。午前中に与えた方がいい理由ってありますか?夕方でもいい?
赤ちゃんにとって初めて口にするものが多く、心配なのは食物アレルギーです。食べた後、赤ちゃんに何か異変が起きた時など、すぐに病院に行けるという理由で午前中に与えることをおすすめしています。
本には調理器具は煮沸消毒をしてください、と書いてあるが…
離乳食の調理セットは煮沸消毒していますが、まな板や包丁、スプーンなども消毒した方がいいですか?
食中毒防止のため煮沸消毒します。むしろまな板や包丁などをしっかりと消毒しましょう。でも、手間もかかり大変なので、洗う時に大人のスポンジと分けるなど、できる範囲で構わないのでやってみてください。

今回のらくらく離乳食のことを教えてくれたのは六会子育て支援センターの栄養士さん。辻堂子育て支援センターの栄養士さんと、各子育て支援センターやつどいの広場へも巡回しています。離乳食で悩んでいる方はぜひ相談してみて!電話での相談も受け付けています。
六会子育て支援センター ℡0466-81-7722
辻堂子育て支援センター ℡0466-33-2311

荒井さん