知っておきたい!季節の行事《節分》

2月3日は節分!節分と言えば豆まき!
今年初めて豆まきにチャレンジしようと
思っているママもいるのでは?
節分って何?なんで豆まきをするの?と
子どもに聞かれる前に、節分の由来を学んでおこう!

節分の由来

節分とは、季節の変わり目で、「季節を分ける」という意味があります。
各季節の始まりは立春、立夏、立秋、立冬で、それぞれの前日が節分と呼ばれていますので、本当は「節分」は年に4回あるのです。
では、なぜ1年に1回だけなのでしょうか?
旧暦では冬の終わりが1年の終わりでした。節分=大晦日、立春=元日だった訳です。だから1年の終わりの1回だけ、2月3日に行われるようになったのです。
これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、不幸や災いのない一年になるように願いを込めて行います。

節分

なぜ節分に豆まきをするの?

節分=豆まきですね。「鬼は~外。福は~内」と言いながら豆をまき、年の数だけ豆を食べます。
では、なぜ豆まきをするのでしょうか?
人が病気をしたり、悪い事が起こったりすると、すべて「鬼」のしわざだと言われていました。豆は語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっていて、「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことに通じているのです。
このような理由から、1年の終わりに悪い事する「鬼」を追い払って、新しい年を無病息災で過ごせるように、「福」を呼び寄せるように、豆をまくようになりました。
豆まきで使う大豆は、火で炒り、邪気を払った『福豆』を使いましょう。『福豆』を年の数だけ身体に取り入れることで「次の年も健康で幸せに過ごせますように」と願っているのです。

豆まき

なぜ節分に恵方巻きを食べるの?

節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって願いごとをしながら巻き寿司を丸かぶりするようになりました。
恵方とは、その年の幸福を司る年神様のいる方角のことで、その年の最もよいとされる方角と言われています。1年ごとに、その方角は変わります。
恵方巻を食べる風習はもともと関西で行われていたものですが、その後、次第に全国に広がっていったのです。

2016年の恵方は 南南東 です

恵方巻き

【豆まきイベント】
ちびっこ集まれ 鬼はそと 福はうち

ふじさわ子ども豆まき

豆まきを通して日本の伝統文化の継承や、人々の交流を深めることを目的として行われる「ふじさわ子ども豆まき」。宮司が節分の由来などを説明した後、登場する鬼たちに向かって子どもたちが豆をまく。当日配られる神社の特製枡(先着順)は記念に持ち帰ることができる。

日時 2月3日(水)11時~、15時30分~
(受付は各回30分前から先着100名)
場所 白旗神社境内
参加費 無料
問合せ TEL:0466(22)9210
ふじさわ子ども豆まき実行委員会

ふじさわ子ども豆まき

この記事は2016年の情報です。