教えて!敬老の日の意味・由来

おじいちゃんや、おばあちゃんに感謝の気持ちを伝える『敬老の日』。
でも「けいろうのひって、なあに?」と子どもに聞かれたら、ちゃんと答えられる?
子どもに聞かれても正しく教えられるよう、敬老の日の意味や由来を知っておこう!

敬老の日とは

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という日。
「日本のため、家族のために、頑張ってきたおじいちゃん・おばあちゃんに『いつもありがとう、これからも元気に長生きしてね』という気持ちを伝える日です。

敬老の日とは イラスト

敬老の日の日にち

9月15日だと思っている人も多いかもしれませんが、それは2002(平成14)年までの話。ハッピーマンデー制度が、取り入れられた2003(平成15)年からは、「9月の第3月曜」になりました。

ということで、今年は9月21日(月)です。

敬老の日の日にち イラスト

敬老の日の歴史

敬老の日は
1947(昭和22)年、現在の兵庫県多可町で始まった『としよりの日』がその元になりました。多可町では農作業が一段落して気候もよいという理由で、9月15日を『としよりの日』とし、お年寄りを集め敬老会を開いていました。それが数年後に兵庫全体で行なわれるようになり、そして日本全国に広まるようになったのです。しかし『としよりの日』という名称は、表現としてどうなのかという議論があり、
1964(昭和39)年、『老人の日』と改名され、
1965(昭和40)年、『敬老の日』として国民の祝日と制定されました。

敬老の日の歴史 イラスト

敬老の日の由来

由来は2つ、説があります。

「悲田院」説

飛鳥時代の皇族で、政治家であった聖徳太子が身寄りのない老人のために「悲田院(ひでんいん)」という寺院を建て、ここで身の回りの世話をしていました。この寺院が建てられたのが、593年の9月15日であることが、敬老の日につながっていると言われています。

「養老の滝」説

平安時代から伝わる、貧しい男とその父親の話です。
年老いて働けない父親を養うため、男は毎日薪を売って暮らしていました。
男の父親は、お酒が好きでしたが、貧しくてお酒を買ってあげることはできず、男は、「一度でいいから、思う存分飲ませてやりたい」と思っていました。
あるとき、男は、山を歩いている途中でどこからいい香りがしてくるのに気づき、その匂いのするほうへ行ってみると、岩と岩の間から流れる白く濁った滝。一口飲んでみると、それは今まで飲んだことのない味の美酒だったのです。「これはきっと親父も喜んでくれる!」と思い、男は何往復もしてその美酒を父親に飲ませました。男は父親に大好きなお酒を飲ませることができ、願いは叶えられたのです。
このことを聞きつけた、当時の天皇(元正天皇)は深く感動し、すぐにその滝へ向かいました。その日が9月15日だったと言われており、敬老の日につながっていると言われています。天皇は、これからもずっと男の孝行心を語り継いでいこうと、この滝を「養老の滝」と名づけました。

敬老の日の由来 イラスト