教えて先輩ママ!自分の旦那をイクメンに育てる方法

pin

やっぱり何かやってくれたら「ありがとう!助かる~」を連発すること。最初は当たり前だろ!!って思ってなかなか言えなかったけど、1回言ったらすごく張り切っちゃって(笑)それからは連発しています。

(長後/ピーチ姫)
pin

うちの旦那は帰りが遅いので、自分の食べた食器は洗ってくれるのですが…。ちゃんと汚れが落ちてない(汗)。でも、洗ってくれるのはとても助かるので、文句は言わず、洗えてないのだけそっと洗い直しています。

(鵠沼/りく&そらのママ)
pin

イクメンとはほど遠かったうちの旦那。でも、私がインフルエンザで倒れた時は家事・育児に頑張ってくれて、私のありがたみがわかってくれたみたい。時には仮病を使ってみるのもイクメンへの第1歩かも。

(藤沢/フラペチーノ)
pin

うちの旦那は、昔はよく料理を作ってくれたのに最近全然やってくれない。そこで、何でも道具から入る旦那に専用の包丁を買ってあげたら大当たり!少しお金をかけても旦那専用のものを作るとやる気UPするかも。

(辻堂/ふみちゃん)
pin

おすすめはぶりっ子です(笑)。やっぱり男はかわいく言われると断れなくなるという性質を生かして、普段は全然ぶりっ子キャラじゃないのですが、女優になったつもりでかわいらしい奥さんやってます(笑)。

(六会/momotomo)
pin

平日は帰りが遅く、土日も仕事の時もある旦那になかなか家事や育児を手伝ってと言えず。。でも、友達家族とバーベキューをした時、友達のイクメンパパぶりを見たらうちの旦那も刺激になったようで少し変わったの。友達パパに感謝!

(村岡/ゆっきーな)
pin

土日はゴロゴロしてばっかりの旦那。私が「たまには子どもと遊んであげなよ!」と言ってもゴロゴロ。でも、子どもが「パパ~、公園つれてって!」と頼むとやっと腰をあげました。これからは子どもを使おうと思いました。

(明治/うさぎちゃん)
pin

旦那の愚痴を友達に話したら「100点を求めちゃだめだよ。0点から加算方式で考えないと!」と言われた。なるほど。考え方を変えたら、○○はやってくれるんだからいい方だ、と思えるようになった。

(湘南台/なおくんmama)