今月の特集「こいのぼり特集」

教えて!なぜこいのぼりを飾るの?

こどもの日にはかぶとを飾ってこいのぼりを揚げて、柏餅を食べる。
毎年何気に行っていることだが、どんな意味があるのか知ってる?
子ども分かりやすく説明できるように知っておこう!

こどもの日の由来

5月5日のこどもの日。
1948年に祝日として定められ、「端午の節句」から「こどもの日」となりました。
ではなぜ、5月5日なのでしょうか?
もともと、端午(たんご)という言葉には、月の始めの午(うま)の日という意味がありました。そして、午(うま)の干支が5月に当たることから5月に、午は(ご)とも読むので5日に定着していったのです。

こどもの日

こどもの日のかぶとと菖蒲の由来

もともと中国では、5月5日は厄払いとして菖蒲やよもぎなどの薬草を摘む日でした。それが、日本にも伝わり、端午の節句の風習が生まれたのです。
また、菖蒲は、武を尊ぶという意味の尚武(しょうぶ)と同じ読み方である事から、江戸時代の武士は男の子が強く勇ましい武士に育ってほしいという願いを込めて、端午の節句になるとかぶとや刀、太鼓や武者人形を家に飾りました。

かぶと

こどもの日のこいのぼりの由来

「端午の節句」は将軍のお祝いをする日となり、将軍に男の子が生まれると、5月5日に紋章の入ったのぼりをあげるようになりました。それが、庶民にも広まっていったのです。のぼりが鯉の形になったのは、鯉は滝を登って竜になると言われていたことから、子供に立派な大人になって欲しいという願いが込められているからです。ちなみに、5色の吹き出しは魔除けの意味合いがあります。

こいのぼり

こどもの日の柏餅の由来は?

こどもの日に食べる柏餅。柏餅を食べる由来は、柏の葉にあります。普通、落葉樹は、冬になると葉は落ちてしまいますが、柏は落葉樹なのに新しい若い芽が下から生えてくるまで葉が落ちないのです。そのことから、わが子の”後継ぎが絶えることがないように”という願いを込めて、おもちを柏の葉で包んで食べたのです。

柏餅